HOTコンセプト

  ロスプリベンション手法の基本的な考え方

HOTプロダクトのコピー

  商品ロスは特定の場所、商品、プロセス、人に集中する

発生要素
 集中する箇所
具体的内容
 
商品
★.窃盗に遭いやすい商品
★プロセスの不具合に影響受けやすい商品
①効力(鮮度)  ②脆弱性(破損)
③外観(表面破損)④区別(混入)
⑤ユニット(発注単位、販売単位違い)
⑥陳腐化
 
プロセス
★倉庫でのピッキング、店間配送、店舗での荷受、売場の陳列
★サプライチェーン間の商品、情報の流れ
①商品の取扱い  ②商品の移動
③形状の変更   ④保管
⑤所有権の移動 社内の人々の間、社内の店間 、他社間、買物客との間
 
場所
★商品ロスが特に多い
店舗
①店長の役割と 店従業員との関係がうまくいっていない店舗
②古い店あるいは、最新の販売設備や防犯設備のない改装されていない店舗
 
★商品ロスの多い店舗、施設には責任者、従業員の姿勢と動機付けの問題がある
①責任者、従業員にロス責任がない
②社内の手順に従わない
③責任者のリーダーシップ、管理の不足
④店の責任者がロスの程度を知らない


自由テキスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です